ドラクエ3攻略 旅の扉ネットワーク

はい、今日は最後のカギの扉を開いたことで
もうひとつの恩恵、旅の扉ネットワークについて

旅の扉とは
アリアハンからロマリアに向かったように

不思議な渦同士が繋がり、ワープできる施設

ドラクエ3ではかなりの数の旅の扉が存在し
船なしでも結構色々な場所に行けます

また、これを利用しないと、サマンオサ地方にはいけないので、注意しましょう

まずは旅の扉の場所

レーベ南の草原
最後のカギで行ける
試しに入ってみましょう

ロマリア西のほこら
これも最後のカギで行けます
ちいめだもあるので、ここを起点に
ネットワークを利用していきましょう

テドン北のほこら
最後のカギがなくても入れますが、
そのさきには最後のカギがいるので
結果的には利用できません

グリンラッドのほこら
各地の旅の扉が集まっているほこら
海路でも行けますが、スー大陸の北方
ここを経由しないと、サマンオサ南西のほこらへは行けません

リビア岬のほこら
バハラタ遥か北のほこら
宿屋もあります
ここも二つの旅の扉
重要な情報もあるので、いきましょう

サマンオサ南西のほこら
海路、陸路ではいけないほこら
サマンオサの国があります
最後のカギがないと外へでられない
敵のレベルが一気にアップするので
さっさと最後のカギを入手してしまった場合は
注意が必要

地味にちいめだがちらほらあるので
回収がてら、進んでいきましょう

案外、サマンオサに行けないひとが多いみたいなので、解説

次回はガルナの塔の攻略

ドラクエ3攻略 最後のカギの宝物

はい、今日は最後のカギで開く扉を紹介

まずはアリアハン地方

アリアハン城牢屋

レーベ南の草原
旅の扉があります
各地へワープ

ロマリア城
地下にたから
風神のたて
アサシンダガー

風神のたてはなぜか武闘家も装備可能な防具
かなりの守備力も
ただ、耐性などはありません

アサシンダガー
急所攻撃可能な武器
ただ、確定一ダメージの毒針のほうが
安定する
盗賊に持たせるのがベター

ロマリア西のほこら
ポルトガに向かわず、南にいくと旅の扉
ちいめだもあるよ

ランシール
北の神殿方面に入ることが可能に
そのさきにいる神官に話すと、たった一人で
地球のへそへ向かうことになる

テドン
夜限定
牢屋の中の人からグリーンオーブをもらえる
ここから集めることになるキーアイテム

海賊の家
牢屋

あと、各地の旅の扉を自由に使えるようになる

旅の扉ネットワークについてはかなり複雑
なので、次回のネタにします

ドラクエ3攻略 バハラタ、海上、テドン要注意モンスター

バハラタの要注意モンスター

マージマタンゴ
魔法が使えるようになったマタンゴ
ラリホーかと思いきや、ヒャドとホイミ
魔法は全般効くので、要注意ってほどではないですが、ヒャドが地味にヤバいので
他の敵と出てきたときには結構注意

ハンターフライ
キラービーの上位種
大挙して現れてギラを連発してくる
体力が低いのが救い
ヒャドで対処できるので、一匹ずつ仕留めていこう

アントベア
おおありくいの上位種
強い
タフな身体と攻撃力は案外侮れない
可愛い姿とは裏腹に思わぬダメージを受ける
集中攻撃をしてくるため、油断しない
ベギラマとギラで倒せるので、一気にけりをつけよう

海上
マリンスライム
防御力の高いモンスター
可愛い姿であるが、スクルトを使う
どっかのカニみたいにはなるが、呪文が
まだ通るので、防御にだけ気を付けよう
リメイク版では数で勝負してくることもある
ベギラマでほぼ一掃可能だが、スクルトには注意

しびれクラゲ
海上ではまだ弱い方
むしろ美味しい敵
ただ、麻痺攻撃を持つため、少数パーティーでは注意
また、大挙して現れる

だいおういか
破格の体力を持つイカのモンスター
防御は手薄であるが、その攻撃力はなかなか
メラミにも耐えうる体力なので、海上に出たばかりの勇者たちには脅威
ザキ系が効くので、うまく使おう

ヘルコンドル
なぜか海上を飛び回っている鳥
必ず二匹セットで現れる
体力は高く、苦戦する相手
しかもバシルーラの魔法で仲間を離脱させようと仕掛けてくる
離脱すると、アリアハンにその仲間は帰ってしまいますので、すぐに迎えにいきましょう

テンタクルス
海上最強というか、しばらくの最強モンスター
高い体力は終盤並みのレベル
しかも複数回攻撃までしてきます
ただし、倒すと今のレベルでは桁違いの経験値をもらえるので、挑戦しても
ファミコン版では海上全域ですが、
リメイク版では最後のカギのほこらや
レイアムランド海域などに出現
ザキで倒せますが、まともに戦うなら
23くらいだと力不足

テドン

地味に強力な敵が多い
厳しい場合は他のところでレベリング

まじょ
ベギラマを使う魔法使い
かなり連発してくるので、ファミコン版では
脅威
バギやヒャドが効きやすいのと、物理に弱いので、それをメインに

じごくのよろい
テドン周辺ではかなりヤバい
防御力が高い上、メインになっていたベギラマが通じにくい
到達レベルならヒャダルコを覚えているはずなので、それでほぼ致命傷を
高い攻撃力も持ち合わせているうえ、痛恨が
くることも

シャーマン
強敵
高い体力を持つ上、ベホイミで傷を回復させてしまう
くさったしたいまで呼び出すので、長期戦に
なりがち
魔法もまあまあ効きやすい。
逃げることも考えよう

はい、次回はいよいよ最後のカギの
扉開けに挑戦

ドラクエ3攻略 ダーマ ムオル

最後のカギを入手しましたが、一旦
おいといて、ダーマとムオルに向かいます

ダーマ 到達レベル20

転職が可能な神殿
もっとも早くセーブが可能な場所でもあります

転職はレベル20を越えると勇者以外は可能に
転職はレベル1からのスタートですが、ステータスは転職前の半減からスタート
魔法などのスキルは継承できるので、リメイク版では商人や盗賊のスキルも継承します

ただ、レベル1に戻されるので、無闇に転職していると、強くはなりません

場所はバハラタから北東方面にあり、
陸路からも可能なので、バハラタに着いた時点でも向かうことも可能

施設は宿屋と教会のみ

ムオル 到達レベル22
ダーマから陸路からも行ける村
ルーラ登録はされませんので、ご留意を
ダーマからだと、一度南東に向かいます
南東にほこらがあるので、そこから北に向かいます
半島のつけねあたりに村があります
海路で向かう場合はジパングから北に

ここではファミコン版ではみずでっぽう
リメイク版ではオルテガのかぶとがもらえます
オルテガのかぶとはかなり強力な勇者専用装備
へたすりゃ最強装備

二階にいるポポタという少年に話すと
もらえます

ってか、女性なのに親父にそっくりって
結構衝撃じゃね?

武具
さばきのつえ 攻撃力37 ゴールド2700
意外に手に入らないコレクターズ武具
道具使用でバキを発生させます
ただ、ゾンビキラーやりりょくのつえと比べると、圧倒的に火力が薄いので、おめにかかる機会がない

はがねのはりせん 攻撃力31 ゴールド1300
遊び人、商人の武器
ツッコミどころ満載の武器
意外に火力は高い
地味にムオルしか売っていない
なぜそれをはがねにしたんだーー

次回はバハラタ海上、テドンの要注意モンスター紹介します

ドラクエ3攻略 最後のカギ入手

ランシールで消え去り草を買ったら、
ノアニール
船で西に向かうと、エジンベア

エジンベア 到達レベル23
普通に入ると、門番に門前払いされてしまいます
いなかものはかえれかえれ

消え去り草を使うと、内部に潜入可能

城内に入れば、話すことも可能です

商店などはないので、目的のものを手にいれましょう

地下へ

地下には岩と水場の仕掛けがあります

岩を違う床にすべてのせると、乾きのつぼが
手に入ります

慎重に動かしていきます

失敗しても部屋から出ると、リセットされます

パズルのコツは一個ずつやっていくことです

リメイク版ではパーティードレス、おしゃれなスーツなど遊び人用の防具などがありますので
探索しておきましょう

セーブもできます

回収したら、ランシールへ

北に向かっていきます

小さな日本っぽい島のほこらは
ジパングです

そこからさらに北に向かうと
西の大陸と東の大陸が
近寄っている海峡に

そのまま、北に向かうと、浅瀬が見えます

そこで乾きのつぼを使うと、浅瀬が島に

ほこらに入れるようになります

そこに最後のカギがあります

ダイの大冒険 ハドラーサイドキャラ

はい、今日は魔王六団長とハドラーの紹介を

ハドラー
15年前、アバンと死闘を繰り広げた魔王
アバンの前に敗れるもののバーンによって復活
アバンをダイたちの目の前で倒した宿敵
炎の魔法を使いこなす上、格闘技も
習得している
ダイを新たな勇者として認識し、刺客を送り込んでくる

ただ、物語のなかでスーパーパワーを手に入れると、名実ともに好敵手として、登場
部下の親衛隊とともに死闘を繰り広げる

クロコダイン
六団長の一人
百獣魔団の長
戦士、前衛タイプ
自分から前線にたち、指揮するタイプの将
ダイと最初に戦うことになる
必殺技獣王痛恨撃はダイたちを一度は仕留めたほどの技
ダイたちを最初は侮っていたものの
戦いの最中の底力に驚かされることに

ヒュンケル
不死騎団長
アバンの弟子だったが、誤解の末に
悪に堕ち、魔王軍のミストバーンに師事
闇の力でパプニカを落とす
不死身のヒュンケルと内外から恐れられ
秘技ブラッディースクライドはダイたちには
脅威の一撃
よろいのまけんを装備しており
それを装備すると、魔法すら弾き飛ばす
最強の戦士に
ダイたちと壮絶な戦いの最中、真相を知ることになる

フレイザー
氷炎魔団長
ハドラーが禁呪法によって作った人工生命体
ハドラーに似たためか、どんな策を弄しても
勝つことにこだわっている
残虐性は六団長一といえ、名誉などへの
執念も強い
氷炎結界呪法、フィンガーフレアボムズなど
かなりとんでもない技を持つ
ダイたちとの激闘の果てに、ダイのクウレツザン、アバンストラッシュの前に倒れる

ザボエラ
妖魔師団長
とてつもない魔力はハドラーすらも凌駕する
と言われていた。
魔王軍らしい策を他の者に授けたりする軍師的な立ち位置
自分の手は汚さずに行動することで、結果的にかなり終盤まで生き残る
ただ、研究者という見方でみると、
超魔生物や超魔ゾンビを作り上げるなど
なかなか優秀
ダイたちと実質交戦はあまりせず、裏方に
回っている

バラン
超竜軍団長
魔王軍最強の部隊
本人自身も凄まじいパワーで
その力はハドラーにも匹敵するほど
フレイザードまで倒したダイの前に現れ
衝撃のカミングアウトをかましてくる
かつてない強敵としてダイたちを苦しめる
愛する人を人間に殺されたことで
人間を憎む反面、同じような境遇にある
ラーハルトにはしらずか、可愛がっていた

ミストバーン
幻影旅団長
あまり前線には登場しなかったが、バランが
退いてからは前線に出てくるように
基本的に無口であり、あまりししゃべる場面もないが、初めてダイたちと交戦した際は
圧倒的なパワーをみせていた
意外に強い者には種族の関係なしに
評価をする面もある
ヒュンケルには執着にも似た感情を持ち合わせており、離脱した彼を引き戻そうとする場面が
多々ある

おまけ

キルバーン
死神のコスチュームをしたイレギュラー
バーンの側近でミストバーンとは不思議と
タメ口を言い合うなか
策士であり、裏方に回り、罠をかけ
獲物を追い詰めるタイプ
自分を雑魚だと言い張るが、その実力はなかなかだが、他の側近と比べるとがっかり感がある

ドラクエ3攻略 テドン ランシール

テドン 到達レベル22
ポルトガから南に向かい、海岸線沿いに南へ向かうと見える村

ルーラストックはされないのと、モンスターが
やや強いので、少しレベルをあげてもよい

意外に見つかりにくいので、ランシールや
ジパングなどに先にいくのもて

昼間は誰もいない

店屋はかなりいいものがあるのと
重要アイテム、グリーンオーブがあります

店屋

まほうのほうい 防御力30 ゴールド4400
僧侶、賢者が装備可能な防具
魔法使いが装備できないので、上位の
まほうのよろいのほうがいい
魔法耐性はありますが、効果は同じ

まほうのよろい 防御力40 ゴールド5800
かなりの高額なよろい
戦士、僧侶なども装備可能
僧侶らにとってはしばらくの最強防具
早めにとっておくことが必要
勇者たちも場合によってはこっちのほうが
いいこともあります

とんがりぼうし 防御力21 ゴールド2300
リメイク版の防具
遊び人最強防具
賢者、僧侶にとってもしばらくの最強なので
買い揃えておこう

おおかなづち 攻撃力55 ゴールド6500
戦士専用
かなりの火力を持っていますが、ゾンビキラーがあるので、実はあまり活躍しない武器
まあまあ値段もはるので、ゾンビキラーを待つ方がいいでしょう

てっかめん 防御力25 ゴールド3500
ファミコン版では勇者、戦士最強防具
なんてこったい
リメイク版でもしばらくの最強防具
リメイク版では勇者はオルテガのかぶとが
あるので、実質戦士には必ず装備させましょう

ゾンビキラー 攻撃力67 ゴールド9800
かなりの火力を持つ武器
僧侶、賢者にとっては最強装備
ゾンビ系に大ダメージを与えられ
僧侶たちも前衛なみの火力を持つことに
商人も装備できたりと、意外に装備者は
多い
ただ、かなりの高額なので、ルーンスタッフなど高額で売れる装備などを売ってでも
一人は持たせておきましょう
リメイク版では勇者、戦士でも買い物で
買える武器のなかでは最強
ファミコン版ではドラゴンキラーがあります

どこかにある闇のランプを手に入れたら、
アリアハン

ランシール 到達レベル22
アリアハンから西に向かうと見えてくる
オーストラリア大陸っぽい島の町

船を手に入れてすぐ行けます
町は意外に広く、北の方の森のような方面にも行けます

大きな神殿があり、そこから地球のへそ
というダンジョンに挑めます
ただ、最後の鍵がないと、先へすすめないので
今は諦めましょう

パワーナックル 攻撃力40 ゴールド7100
リメイク版で登場
武闘家、盗賊が装備可能
武闘家にとっては最強クラスの武器
連れてる場合は必ず買っておきましょう

消え去り草
ランシールなどで売られている姿を消せる
不思議な草
300で売っています
エジンベアに入るのに必要なので、必ず買っておきましょう

では次は最後の鍵入手をしていきます